負け組のけせらせら

他人様に見られても多分平気・・・って感じの不定期更新雑記・・・「(´へ`;

Category [[その他の記事] ペット,自然関連 ] 記事一覧

残されし実家猫の食欲不振

 今月始めに癌で亡くなった実家猫の葬儀を済ませ、残るは4兄妹で唯一の雄だった猫だけです。 数年前から変形性脊椎症で腰以下に何を抱えているのですが、医者に通いながら低空飛行を続けている状態です。 ...

享年16歳、実家猫の葬儀

 月末に癌で旅立った実家猫、癌と診断された時点で余命1~2ヶ月と言われていたのですが、4ヶ月近くもがんばりました。 家族一同もできるだけ看護をして看取ったので、最後の最後としてペット用の斎場で葬儀を行ってきました。 ...

癌闘病4ヶ月の実家猫、母に看取られながら永眠

 3月中旬に扁平上皮癌で余命1~2ヶ月という診断を受けた15歳半の実家猫、抗がん剤等の強い薬を使わずホスピス的な治療を続けてきました。 先週末からは口にするのは水だけの状態になり、家族交代で看病しておりましたが、母が看ていた本日昼過ぎに旅立ちました。 ...

またも食欲復活させて獣医を驚かす実家猫

 先週の通院の時点で何度目かの食事不能となり体重も生きている限界の2kgということで、今度こそ覚悟を決めておりました。 しかし、その翌日から食欲が復帰・・・以前ほどではありませんが自ら食事を取るようになったのです。 ...

実家猫の体重僅か2kg

 先月後半に食欲を取り戻して一時的にではあるが調子を良くしていた実家猫、とはいえ扁平上皮"癌"なので体調に関わらず病状は悪化します。 先週末から食欲が落ち、今週に入ってからは汁物しか口にすることができなくなり、急降下といった状態です。 ...

奇跡の復活アゲイン

 最近は実家猫の記事ばかりになっていますが、こればかりは仕方がない・・・悔いが無いようにできるだけリソースを投じていますしね。 その甲斐があってかは分かりませんが、前回の通院で獣医すら言葉を濁すような状態だったにも拘らず、昨日今日と再び元気を取り戻しています。  ...

実家猫の容態急変、やはり今月末で峠

 先日、奇跡的な復調をみせているという記事を書いたばかりの実家猫ですが、先週末から容態が急変してしまいました。 急な暑さの影響もあるのか、食事を取らなくなり水分や栄養ボトルは飲むものの、一気にガタッときています。 ...

奇跡的な復活を見せている実家猫

 3月に扁平上皮癌となってしまった実家猫、かかりつけの獣医には早ければ1ヶ月でと言われていたのですが、2ヶ月以上たった今も息災です。 それどころか5月に入ってから低迷していた調子が逆に復活の兆しを見せるほど・・・一時は餌を食べることが出来なかったのですが、今は何とか食べています。  ...

とうとう通常の食事は殆ど不可能に

 実家猫の扁平上皮癌が発病して2ヶ月強、通院を始めて2ヶ月弱といったところですが、病気の進行はかなり早い方なようです。 既に下顎は完全に侵食されてしまいブヨブヨになり血の混じった涎まみれ、口内にも進んでおり舌が動かなくなってきており、通常の食事はとれなくなってきました。 ...

実家猫の癌、深刻化

 3月の中旬に扁平上皮癌という不治の病気と診断され、余命1~2ヶ月となった実家の長毛猫ですが、ここ数日一気に病状が悪化してきました。 先月末までは比較的元気で食欲も旺盛だったのですが、腫瘍が口内に広がってきたことで食事が取れなくなってきたのです。  ...

退院後は元気な実家猫ですが・・・。

 扁平上皮癌を患い余命幾許という状態になってしまった実家猫の片割れ、念のために入院点滴を2日間して貰ってから、傍目的には快活に動いております。 餌も食べ易いものに変更しているの今までの分を取り戻すかのような食べっぷり、これなら少しは長持ちするのではと思ったのですが・・・。 ...

実家猫が扁平上皮癌に・・・。

 定期的に変形性脊椎症で獣医に通っている猫の方は最近食欲も出てきて低空飛行ながらも以前よりは元気に過ごしておりました。 ですが、もう1匹の長毛雌猫の方がここ半月くらい食欲が落ちてきて、先週末からガクッと食べなくなったので病院に連れて行ったら即入院して治療&検査となりました。 ...

何とか低空飛行を続ける実家の老猫

 父が入院している間、何度か実家の猫に餌と薬をあげにいっているのですが、私や父の病症以上に回復の見込みは無いものなので見ていて痛々しいです。 幸い普段は実家に居ない私ですが育児の記憶が残っているのか上下関係も残っており、薬の方は観念して大人しく飲んでくれます。 ...

年末から日に日に衰えていく実家猫

 まだまだ胃腸の調子が芳しくない私ですが、実は私以外の身内も色々と不調を抱え込んでおり、家族全体でどんよりとした空気になっております。 中でも2年以上前から腰や腸を悪くしている実家猫が年末辺りからずっと下り坂・・・最早後ろ足は殆ど踏ん張れず、下の粗相まで増えてきております。 ...

年末から調子を崩している実家にゃんこ

 今年は例年に無いほどの暖冬ということで天気予報の気温を見ても分かるレベルなのですが、難病持ちの身としてはつらい時期であることには変わりません。 私のみならず数年前から腰や腸を悪くしている実家猫も昨年12月から急激に状態悪化、色々と検査したり処方したりしてますが、改善の兆しは感じられません。 ...

約2年ぶりとなる猫のシャワー

 先日、体調不調の身をおして実家に帰省し、約2年ぶりとなる猫達のシャワーに取り組んでまいりました。 レーザー治療等の動物病院通いを始めて以来のご無沙汰なので相当なもの、昨年の夏は耐えたものの、流石に2年越しのスメル&抜け毛に父がヘルプを求めてきたのです。 ...

油断しているところに年に1度の予防注射

 実家には学生時代に保護した猫のうちの2匹がいるのですが、今夏で15歳になる老猫・・・雄の方は一昨年に腰や腸を悪くして以来、ずっと獣医通いです。 通院の成果なのか最近は大分回復しており、頻度も週1から10日~2週間に1度とい抑えられているので、このまま回復してくれればと願っております。 ...

思っていたよりも症状が軽くて一安心だった実家猫

 今月に入って調子を崩していた実家猫、膵炎の可能性もあるということで色々な検査をして、いつも以上に通院していたのですが、外部依頼の検査結果も出て一段落しました。 私の体力ですと1日3~4時間程度の外出でヘバってしまう上、最近は季節の変わり目で寒暖の差が激しいので、こちらも体調崩しがちでした。 ...

変形性脊椎症に続いて膵炎が発症した実家猫

 急に暖かくなったかと思えば天候自体は雨が多くて朝晩は冷えたりするので寒暖の差が激しい・・・どうも急激に気温が変わると微熱が出るようで、最近不調続きです。 平均体温高めなので以前は37℃程度なら気にしなかったのですが、退院日に移された風邪で酷い目にあって間もないので神経質に・・・おかげで外出予定が大幅に乱れております。 ...

年内最後の動物病院、最近薬の飲みがイマイチ

 1年半以上も通っている動物病院、年末年始は開院状況よりも親戚の襲来によってスケジュールが左右されるので今まで通りにはいきません。 行きつけの動物病院は年始も結構早めにやっているのですが、上越からの台風が何時まで居座っているか次第・・・私の入院もありますし、1月は色々ときつくなりそうです。 ...

ご案内

訪問者カウンター

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログ内検索

プロフィール

ぺた丼

管理人:ぺた丼
年齢:へたれ中年真盛り  性別:♂
趣味:ゲーム、アニメ、漫画
   (つまりオタク、グッズ等収集癖は・・・?)
   アクアリウム(唯一人様に言える趣味?)

右サイドメニュー